【真似するだけでOK】失敗しない鉄板の冬コーデ5パターンを解説します。

今までの対訳本が理解しにくいと感じている方には最適です。

音声もありますからリスニングの学習もできます。ただし、あくまでも素人の個人サイトですので誤訳の可能性もありますのでその点はご容赦ください。

まだ、作品が少ないですが、コツコツと増やしていきたいと思います。

※個人サイトです。更新が遅いかもしれませんがご容赦ください

オシャレを楽しく学ぼう! ジョガーパンツをかっこよく着るテクニック、解説します。 #メンズファッション #メンズコーデ #干場義雅 #ジョガーパンツ #デート服

初体験は13才、女街道レーサーの愛車は40年前のクラウン。

ましてや外国語をBGMのように何度聞いたとしても、普通の人間にはそれを再現することはできません。そもそもそれは『音』であって『言葉』ではないからです。

そう、人間の言葉は文字と密接に繋がっているのです。

私達が学ぶ、ほとんどすべての国の言葉には、文字があり、言語は文字との組み合わせによって発音されます。決して、自然音を発しているわけではありません。

結論1:外国語習得は文字から入ることの方が近道

日本語にしても英語にしても、人間が文字を通して表現できる発音は自然音に比べ、とても限られています。

自然のアナログ的な(曖昧さを許す)音声だけでは、よほど音感の優れた人でない限り、耳から入って来る情報からだけで、正確に切り分ける=『分かつ』ことは困難です。

『英語は耳から』という発想自体は間違っていなくても、英語も所詮は文字の発音によって一般化(定式化)しているという前提を無視することはできません。

耳から…の学習だけで完璧な発音になるのなら、ネイティブにもかかわらずブロークンな英語を話す人たちの現実を説明できなくなってしまいます。

耳から入ってくる音を、文字を通して再確認し矯正する、またはその逆、という言語の習得過程(文字と音声の双方向性)は日本語も英語も変わりません。

ネイティブの音声を入手することが困難であった時代ならともかく、現在においては、音声を入手することはまったく困難ではありません。

そうであるならば、目と耳、両方からの言語習得が望ましいのは当然です。

 カラフル対訳はこんな感じです。↓↓↓

I suppose, and described as lonely, had chosen it from the others for his place of residence.[居住地]

たぶん、ぽつんと一軒離れたところにあると説明されて、数あるなかからやつの宿として選んだというわけらしい。

カラフル対訳は単なる私の思いつきで作ったものにすぎませんが、その思いつきには多少なりとも根拠があります。

すべて、無意識に…

グルジェフの言葉より引用

人は無意識のなかでほとんどすべての日常行動ができます。ですが、意識的な努力なしには何か新しいことを学ぶことは不可能なのです。

『分かつ』という技術は人類の叡智の結晶と言えるかもしれません。

繰り返しの学習法は基本的には、新しい事を覚えるためにではなく、既に知っていることを忘れないようにするため、あるいは流暢にするためにおこなうものです。

「速く読むことができるのは、すでに知っている情報だけ」だからです。

聞き流しと同様に量をこなすことによって英語を上達させようとする学習法に多読があります。

「知らない単語があっても、辞書は使わずに…」

「意味が分からなくても、辞書を引かずに飛ばして読んでいくと、ある日突然理解できる瞬間がやって来る…」

新しいことを学習をする上では意識的努力が大切なのですが、この意識的努力には適当な『間』が必要です。

室町時代初期の猿楽師 世阿弥は、「芸と芸との間の『何もしない間(ま)』を至芸とした」と云われています。 間抜け、間が悪い、間違い…。 何事も「空白」は大事です。

残念なことに、聞き流し式の学習法にはこの肝心の『間』が抜けています。それは、非常に非効率な(間抜けな)学習法と言えます。

日本の鉄道では、職員が電車発車時に毎回行っている、「指差し呼称」というものがあります。「指差し呼称」「指差し確認」は英語で「Pointing and Calling」と訳されています。

一見馬鹿らしく映るこの「指差し確認」ですが、このことによって、確認の精度を向上させ、作業への意識を高めてミスを減らす有効な手段と云われています。

刻々と変化する都会の駅における膨大な情報の波のなかでは、漫然と眺めているだけでは危険を回避することはできません。

車掌はこの「指差し確認」によって膨大な情報を、一旦シャットダウンし、目を向けた場所にだけ意識を集中させることによって微妙な危険を察知します。つまり、

流れを『分かつ=止める』ことによって正確な確認をすることができるのです。

このように、動きを止め、惰性の流れを断ち切り、意識を集中させることは小さなミスをなくすときに大変有効です。

人間は他の動物と違い、高度に抽象的な専門用語を駆使することができます。ですが、それは決して人間の記憶力が他の動物に比較して優れているからではありません。

言葉(単語)を覚えるとは、対象物やその状態の概念を抽象化し理解することだと言えるのではないでしょうか。

記憶力が良すぎる人は、これらをバラバラにしてすべて覚えてしまい、ひとまとめにして抽象化することができなくなってしまっているのかもしれません。

多くのオウムは人間のように話すことはできますが、何を言っているのか理解しているオウムは殆どいません。

これは、小説ドリトル先生航海記のなかでオウムのポリネシアが少年に話しかける言葉です。

結論2:言葉は『分かつ』ことによってのみ、さまざまな抽象的な概念も使いこなしていくことができるようになる。

論理的思考は大人が言語習得する上で非常に有効な手段であることは、疑いようがありませんが、では、フレーズ暗記などはまったく無意味かと言えばそうではないと思います。

たとえば、デパートやホテルの従業員のように接客をする方は、普段の言葉遣いとは違う接客用の言葉を覚える必要があります。
・かしこまりました
・少々お待ちくださいませ

How are you?無意味文章メーカー:https://appli-maker.jp/simple_apps/15380 で作成

How did you come here? 

の日本語訳は「ここまでなにで来ましたか」ですが、もし、日本語で「ここになんで来たの?」と表現した場合、

①どのような交通手段でここにきたのかそれは、人によりますし目的によります。目的が違えば、当然訓練方法も異なってきます。

実例を挙げてみましょう。https://www.nihongokentei.jp/check/

この男は機械のことは分らなかったが、製粉を有利で上等なものにするために製粉機の各部分を調節することはちゃんと心得ていて、これでこの男は生活し、家計を立てていた。

そして彼の水車はすっかり調子が狂ってしまった。

(中略)

(中略)

即ちどの考察がまず第一であり、第二であり、第三であり、第十であるべきかということを示すことなのだ。

人生論このサイトで使われている作品のすべては著作権の切れた名作などの全文を電子化して、インターネット上で公開しているマレフィセント カチューシャ 東京ディズニーシー ハロウィン 2018エストスキンケア5点サンプル50袋とおまけの作品を出典としています。